Logo

Vol.4

参加が出願資格に!?志望大学のオープンキャンパス情報は見逃し厳禁! 

オープンキャンパスのシーズンが始まります。 
大学や学部学科の本質を知るチャンスです。積極的に参加していきましょう! 

スタギアからのお役立ち情報 1

オープンキャンパスへ行こう! 



オープンキャンパスのシーズンが始まります。一部の大学では1年間を通じてオープンキャンパスを開催していますが、難関大学は7月~8月の夏休み開催が主流です。いずれにせよ、オープンキャンパスは生きた情報収集の機会。参加できる人は積極的に参加しましょう。昨年から目立つようになった事前予約制による「来場型」とオンラインでの「ライブ配信型」の併用が今年も顕著です。また、WEBサイトでの「オンデマンド型」、地方会場での「出張型」など大学によって様々なスタイルを取り入れています。 
 
来場型の場合、予約のタイミングを逸しないよう、志望大学のホームページをチェックしましょう。受験生向けに配信している各大学のSNSをフォローしておくと安心です。オンライン型の場合、WEB会議サービス「Zoom」を利用した個別相談会、体験講義があることも。希望者は、使用するスマートフォンやタブレット、パソコンに、あらかじめ指定のアプリをインストールしておく必要があります。地方の大学などで、電話による個別相談などアナログ対応をしてくれる大学もありますが、それは少数派。今後、WEB出願に対応したり、入学後も新型コロナウイルスの感染拡大が続けばオンライン講義が行われたりするので、この機会にインターネット環境を整えて慣れておくことをオススメします。

オープンキャンパスに行った方がいい理由 

 


「資料を読めばいいし」「昨年、参加したから」とオープンキャンパスに行かない人がいるかもしれません。ただ、総合型選抜など選抜方式によっては、出願資格でオープンキャンパスでのガイダンス参加や模擬講義の受講が条件となっていることがあります。また、志望理由書・活動報告書の書き方、説明会や小論文対策講座、試験対策など具体的なレクチャーを行う大学も。こうした大学は、オープンキャンパスのスタート時期が早いことが多いので、志望校についてはすぐに確認してください。 
 
上記のように、オープンキャンパスへの参加が必要な大学は一部です。ただ、総合型・学校推薦型選抜では、大学のアドミッション・ポリシーに対する理解が求められています。つまり、学生とのベストマッチングを目指しているので、受験生も大学のことをしっかりと理解している必要があります。宣伝のための文章や動画だけでは伝わらない、大学や学部学科の本質を知るためには、自分の目でいろいろな角度から大学を見ることも大切です。自分が学びたいと思っている分野・教授の模擬講義を受けるなどすれば、面接で自分の学びたいことをアピールする時に、大学で実際に学べる専門分野との結びつきが説明しやすいでしょう。 
 



スタギアからのお役立ち情報 2

オンライン学習活用法 

 

新型コロナウイルス感染症の拡大から、自宅でも学べるオンライン学習に注目が集まっています。そこで今回は、オンライン学習のメリットとデメリットをチェックしていきます。 
 
 

オンライン学習の “メリット” 

オンライン学習の一番のメリットは、⾃宅など好きな場所で好きな時に学習できることです。塾に通う時間も節約でき、その時間を学習に使うことができます。自宅近くに塾がなくても学習できるので地域格差もなくなるわけです。さらに⾃分のペースで学習できるので理解できるまで、苦手な部分を何度も繰り返し視聴できることもメリットでしょう。もちろん、対面授業ではないので感染リスクを抑えることもできます。 
 

オンライン学習の “デメリット” 

オンライン学習は、メリットばかりのように思えますが、実は、デメリットもあります。それは先生が近くにいないので、いかにやる気をキープできるかです。スマホやパソコンを使って学習するので、思わずゲームやSNSをやってしまったり、苦手分野を後回しにしてしまったりすることもあるかもしれません。 
 

オンライン学習の “心構え” 

こうして見てくるとオンライン学習は、学習する時間や場所をある程度決めて習慣付けながら、つねに緊張感を持って学習することが大切です。つまり自己管理できるかどうかが重要なのです。 
 
 
 

《 オンライン学習アプリの選び方 》 

オンライン学習のメリットやデメリットもわかり、オンライン学習をする上での心構えも理解できたら、今度はオンラインアプリの選び方です。一言にオンライン学習といっても数々のアプリがあって、どれを選べばいいのか悩みますよね。自分に合ったアプリを選ぶことがとても重要になってきます。ポイントを3つまとめましたので、参考にしてください。 
 
 

1) 自分流にカスタマイズできるもの。いくら素晴らしい学習アプリでも使いにくいと困ります。自分の理解度や進捗によって自分に合った学習ができるものがいい でしょう。 

2)学習に集中できる、モチベーションアップのための仕組みがあるもの。 
  例えば、ゲーム感覚で勉強できたり、自分のレベルやランキングがわかるような 
  機能があるといいでしょう。 
3)無料でトライできるアプリ。実際に使ってみて良かったら使い続けたり、 
  有料コースに変更することもできます。いきなり有料ではじめても自分に合わなければ 
  もったいないですからね。 
 
そんななかで、お勧めなのが「スタディギア for EIKEN」です。 「スタディギア for EIKEN」は、英検®対策のために作られた日本英語検定協会の公式学習サービスです。英検®を徹底分析して作られたサービスで、英検®合格率約20%UP※という結果もでています。受験級と受験日を設定するだけで、自分の理解度と進み具合に合わせて、最適な学習内容をお勧めしてくれるほか、ゲーム感覚で学習を続けられる機能や、学習レポートで日々の成果も実感できます。1回3分から学習ができ、毎日の積み重ねで、レベルアップも実感できるはず。過去問など直前対策にも役立ちますのでぜひご活用ください。 
英ナビ!会員(登録無料)なら期間制限なく、ずっと無料で使えるのでまずは、試しにスタートしてみることをお勧めします。 
 
(※株式会社 教育測定研究所 -JIEM 調べ:2017年第1回検定の英検®2級試験結果) 
 

ホッと一息コラム 

受験飯で集中力アップ!? Let's cook! 

 

だんだん暖かくなってきてお昼寝には快適な季節!もとい!勉強には最適な季節です。といってもやっぱりウトウトしちゃう。そんなあなたに今月は、しっかり勉強に集中できる食事。食べるだけで受験合格に近づける(かもしれない)食事!題して「受験飯」。その第一弾として集中力アップが期待できる食事をご紹介します。 
 
集中力を高める栄養素を調べると、ビタミンB1、ビタミンB12、ブドウ糖、レシチン、パントテン酸、鉄分、チロシンなどなど‥‥。たくさんの栄養素が出てきます。そこで簡単にできて美味しいものをご紹介します。 
メニューは、メインが豚肉のチーズ焼き。ほうれん草やにんじん、ブロッコリーなどの野菜添え。きのこの牛乳スープ。もちろん主食のごはんやパンもお忘れなく。さっそくcooking! 
 
【豚のチーズ焼き】 
豚ロース薄切りに塩、こしょうを振って、薄く小麦粉をまぶす。これを熱したフライパンで焼くだけ。火が通ったらとろけるチーズやピザ用チーズを上にのせ(フライパンにフタをして)チーズがとろけてきたら出来上がり! 
 
【きのこのスープ】 
しめじやえのきなどのキノコを食べやすい大きさに切って油をひいた鍋で炒めて、しんなりしてきたら、あとは牛乳を入れて煮立てるだけ。最後に塩とコショウで味を調えれば完成。 
コンソメや生クリームがあればさらにプロ風の味に。炒めたベーコンやミックスベジタブルなどを加えてもいいかも。 
 
簡単でしょ? 
茹でた野菜を添えれば、付き合わせも完成!野菜を茹でるのが面倒な人は、冷凍野菜をチンするといいかも。 
そしてよく噛んで時間をかけてゆっくり食べることも大切。脳が刺激されて集中力をキープできるかも。 
今度のお休みに、ぜひお試しあれ! 

他の記事を見る

Vol.3:いよいよ受験生活の始まり!1年間のスケジュールを把握して入試へ向けて心構えを

Vol.2:いよいよ受験生活の始まり!1年間のスケジュールを把握して入試へ向けて心構えを